大阪で古物商許可のことなら | 古物商許可OKセンター | 運営は行政書士スミレ事務所です。

072-814-9920

そもそも古物とは

古物営業法

「第二条 この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。」
概念的には難しく、所轄でも相違があったりします。
要約すると、“一回でも人の手に渡った物(使用、未使用に関わらず)を売買・譲渡された物“ぐらいでしょうか・・・
問屋で仕入れた物(新品)を小売りする・・・これは当然に古物には当たりません。
問屋で仕入れた物(一度、他人の手に渡ったもの)を小売りする・・・この場合は古物
※これと古物商許可が必要かどうかは切り分ける必要があります。

初回相談無料

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

072-814-9920

TOP